男性のアートメイクについて

 

アートメイクの普及率が低い北海道では、アートメイクと申しますと女性専用のイメージを持たれる方もおられるかもしれませんが、東京には男性専用のアートメイクスタジオも多数ございます。

古事記の中にも大国主命(おおくにぬしのみこと)がまぶたに鯨面(入れ墨=アートメイク)でアイラインを入れていたという記述が知られており、日本ではかなり古くから男性がアイメイクに入れ墨を使用する習慣があった事が伺えます。

我が国では軍国主義の時代に「男は外見の美しさを追求してはいけない」というような風潮が国民に押し付けられていた不遇な時代も有りましたが、やはり古代より美しく有りたい気持ちは男女共に同じものであった事が伺える大変興味深い記述です。

もちろん当店でも男性のアートメイク施術をおこなっております。

アイラインとしてのアートメイクはもちろん、男性の方で特にお悩みの方が多いのが「眉の薄さ」「眉の不揃い」「眉尻の毛の薄さ」です。

こういった問題につきましてもアートメイクのテクニックを使用して様々なカバー方法がございます。

男性のお客様もぜひこちらのお問い合わせフォームより御気軽にご相談下さいませ。